2011(平成23)年「重大ニュース」と「200字コメントコンクール」で構成。学生(高校生、大学生、専修学校生)たちが現代社会をどう見ているかを調査・集計。
現代用語検定協会HPトップへ
検定
「現検」(現代用語能力検定)
作文検定
小論文検定
イベント
自己表現力コンクール
ジュニア・ジャーナリスト大賞(J・J大賞)、子どもが選ぶ重大ニュース、「100字コラム」コンクール
GKS・ジャーナリスト大賞(G・J大賞)、学生(高校生・大学生・専修学校生)が選ぶ重大ニュース、「100字コラム」コンクール
身につける
メールマガジンに登録
はなの作文指導者養成講座
教材・出版物
現代用語の基礎知識学習版2016
企業・団体の方へ
リンクサイト集
入力フォームからのメール問い合わせ
個人情報保護方針について
特定商取引法に基づく表示
現代用語検定協会 事務局 info@genken.com宛のメール作成
歴史に学び 未来を望んで 現代を知る
 ホーム > GKS・ジャーナリスト(G・J)大賞 > 第1回(2011年/平成23年)
第1回(2011年/平成23年) GKS・ジャーナリスト大賞(G・J大賞)
   第4回(2013年上半期)   第3回(2012年)   第2回(2012年上半期)   第1回(2011年)   
|  2011年重大ニュース  |  調査・集計方法  |  200字コラムコンクール |  応募要項  |  応募案内・応募用紙(PDF)  |  


2011年をこう見た!
− 私たちの想いを伝えたい −
重大ニュース』と
『200字コラム』

第1回「GKS・ジャーナリスト大賞」(G・J大賞)調査報告



 現代用語能力検定」「作文検定」「小論文検定」を主催する、内閣府認証NPO 現代用語検定協会と株式会社ケーエスコーポレイションでは、2011年に第1回「GKS・ジャーナリスト大賞」(G・J大賞)を実施いたしました。この事業は、2000年から行なわれていますジュニア・ジャーナリスト大賞(J・J大賞)と同じ趣旨で実施され、高校や大学、専修学校へ通う生徒・学生を対象にしたものです。『重大ニュース』と『200字コラムコンクール』の応募で構成されており、NPO仕事の架け橋、NPO次世代教育推進機構、NPOベターライフスタイル、株式会社専門学校新聞社、(株)自由国民社、教育開発出版(株)の協力を得て、2011年11月15日〜12月10日を調査期間として実施、その集計結果を報告書としてまとめました。
 日本にとって忘れることのできない2011年、また、さまざまな情報があふれる現代社会のなかで、今年の出来事にどのような関心を持ったのか、その一端を垣間見ることができる結果となっています。


●主 催

●協 賛



●協 力


NPO現代用語検定協会
(株)ケーエスコーポレイション
NPO仕事の架け橋
NPO次世代教育推進機構
NPOベターライフ・スタイル
(株)専門学校新聞社
「現代用語の基礎知識 学習版」編集室
教育開発出版(株)



● 「GKS・ジャーナリスト大賞」(G・J大賞)とは

 内閣府認可の特別非営利活動法人 現代用語検定協会では、『現代用語の基礎知識 学習版』編集室(自由国民社)と協力し、2000年より小学生〜中学生を対象とした「ジュニア・ ジャーナリスト大賞」(J・J大賞)を実施し、好評を得てきました。今年度から新たに、高校生大学生専修学校生を対象とした調査を実施することと致しました。
 本事業は『重大ニュース』の調査と『200字コラムコンクール』で構成され、学生達が今起こっているニュースにどのような関心をもっているかを、「現代用語能力検定」の受検者、学校や大学などの教育機関、ホームページなどを通じて調査・集計するものです。現代社会に対する関心や情報理解力を高めて、自己の考えを明確に表現する力の育成をめざして実施されるものです。

 


= 目次 =

2011年重大ニュース

調査・集計方法

『200字コラムコンクール』

2011年度 応募要項



トップへ

●2011年重大ニュース


順位 ニュース項目 ポイント
東日本大震災発生
12738
東京電力福島第一原発事故
9488
なでしこジャパン世界一に
6089
スマートフォン市場が拡大
5022
地デジに完全移行
4617
タイの大規模洪水
4461
計画停電と電力使用制限令の発動
4164
生肉で集団食中毒
3702
台風12号で大きな被害
3416
10
進む円高
3237


「東日本大震災」「東電福島第一原発事故」に高い関心
「なでしこジャパン」「スマートフォン」「脱ゆとり教育」にもコメント多数

 2011年のニュースで応募者の心に残ったトップ5のテーマは、東日本大震災発生/東京電力福島第一原発事故/なでしこジャパン世界一に/スマートフォン市場拡大/地デジに完全移行――となります。

 高校生以上を対象にした調査は今回が初めてですが、ポイントの半数近くを占めた東日本大震災や原発事故関連の出来事が応募者の『心』に与えた影響は大きく、200字のコラムでは言い尽くせないものがあるようでした。しかしながら、被災者の方々や被災地の状況を想いながらも立ち止まらず、未来に向かって歩き出そうとする前向きなもの、人と人との絆、感謝の気持ちを表現するものが多く、次世代を担う若者たちが普段は表現することの少ない『優しさと強さ』を垣間見ることができました。

 また、3月11日以降明るいニュースが無かった日本を元気にしてくれた「なでしこジャパンW杯優勝」へのコメント、この年代の若者たちの主たるコミュニケーションツールであった携帯電話が、短期間でスマートフォンへ移行している状況への戸惑いと期待のコメントも数多く寄せられました。

トップへ

●調査・集計方法


●調査・集計方法
 この調査は高校や大学、専修学校に通う生徒・学生を対象に、2011年1月から11月までに起こった出来事から、今年の重大ニュースを選んでもらう方法で実施しました。調査は、現代用語検定協会の理事が候補ニュースを<国際情勢><政治/経済><情報/社会><環境/科学><文化/スポーツ>の5つの分野でリストアップした全24項目から応募シートを作成、そのシートをもとに一人ひとりのベスト10を選んでもらう方法をとりました(24項目以外のものがあれば応募者が別途記入)。調査期間は11年11月15日から12月10日までとし、協力を得た学校などの教育機関で生徒や学生が直接アンケートを記入、また、ホームページなどでの応募も受け付けました。投票総数は1523通で無効回答はありませんでした。
 集計方法は各アンケート1位記入項目を10ポイント、10位を1ポイントとして、ニュース項目ごとに集計し、ポイント数によりランク付けしています。

トップへ

●『200字コラム』コンクール(2011年)


「200字コラム」コンクール 

 G・J大賞『200字コラムコンクール』は、「あなたが重大ニュースのベスト10に選んだできごとからひとつを選び、そのできごとに関するコメント(意見や解説など)を200字以内で書きなさい」という記述式によるアンケートです。重大ニュースに投票した9割以上の応募者が、自分の選択したニュースにコメントを寄せてくれました。
 その中から優秀な作品を受賞作品として選定し、受賞者には賞状及び副賞を主催者から贈呈しています。


●入賞コラム

「200字コラム」コンクール入選作品は以下をご覧下さい。

 【 大賞 】


「三月の人災」
東日本大震災発生後に起きた原発事故。東京電力はこの事態を、想定外だと主張した。私はその主張が嘘であっても構わない。問題なのは社会に出た大人が、自分の仕事の範囲で起こりうる事態を想定した上で、対策を講じなかったことだと思う。私たちはそれぞれの役割を果たすべきである。一人で生きることはできないからだ。私は最大限のリスクを把握し、自分の行動に責任を持ちたい。自分だけでなく、他者のことも傷つけないために。 (大学1年)

トップへ

 【 優秀賞 】


「忘れられない日」
3月11日のあの東日本大震災、東北地方は今までにない震災にみまわれた。たくさんの尊い命が一瞬にして奪われ、沿岸地域は一瞬にして津波にのまれた。決して忘れることのない、日本の歴史に残る大震災だ。しかし私達は、この震災を通して学んだことも多い。人の優しさや絆、そして普通に生活できるありがたみ。あたり前だと思っていたすべての事を見直すきっかけになった。そして日本全体の絆も深まっただろう。その絆を生かし、今立ち上がろう。 (高校3年)

「日本が世界に誇ること」
3月11日、今までにない震災が日本を襲った。家族を失くし、暗く寒い場所で恐怖や不安に耐えている人がたくさんいた。そんな時一人ひとりの支えになったのは、周囲の人々の励ましやなぐさめだと思う。一緒に困難を乗り越えようとする思いが、人々の心の支えになったのだ。近所付き合いや 周囲との交流が減っていると言われている今、一緒に困難に立ち向かい生きていこうとする姿勢は日本が世界に誇るべきことだと思う。 (高校3年)

「日の目を見るは『日本の記憶』」
「日本の記憶」が遺産になった。昭和頃まではそう珍しくはなかった光景が世界に残すべき遺産となったのだ。それは素晴らしいことではないだろうか? 無論、小笠原や平泉のような「今現在、存在する光景」も遺産として価値の高いものではある。しかし、今までほとんど知られていなかった絵師が、“炭鉱の日常”を描いた、特別な何かが存在する訳ではないものが世界に選ばれた。それは暗い炭鉱に射し込んだ一筋の光ではないだろうか。 (高校2年)

「本当の平和とは何か」
9.11に始まった約10年間に及ぶテロとの闘いに一区切りがついた。今年、アメリカが長年敵対してきたテロ組織の「アル・カイーダ」の指導者であるビンラディン氏を殺害した。アメリカの行為は国民や世界平和のためであったと思われるが、アル・カイーダは報復を宣言してもいる。一連のテロ行為の発端にはアメリカが深く関与している。果たして、報復の上に報復を重ねた先に、平和は存在し得るのだろうか。 (高校3年)

「奪われ、奮い立つ」
“自然災害は人と人との絆を強め、戦争や犯罪等の人災は人と人との結びつきを弱める。”−−この言葉を聞いたことがおありだろうか? 今年、我が国で起きた数々の災害。多くの尊い命が奪われた。多くの涙が流された。しかし、私たちの気持ちを奮い立たせたのも、この災害ではないだろうか。どん底まで落ちれば、あとは這い上がるだけだ。私たちには絆が残されている。10ヶ月が経とうとしている今、それを証明する時が来たのだ、と思う。 (高校3年)

「世界中でつながっているもの」
3月11日は私たちにとって忘れられない日となった。信じられないほどの被害を受け、多くの人が夢や希望を失ったと思う。しかし、笑顔で復興に向けてがんばっている姿を見て、少しでも力になりたいという気持ちになった。それは、日本中だけでなく、世界中の人達も同じ気持ちだったと思う。国を越えてもつながっている絆の強さを感じた。この絆を忘れず、少しでも東北の人達に笑顔や幸せがもどっていってほしいと思う。 (高校1年)

トップへ

 【 入選 】


「クルマは凶器」
「このクルマ、ブレーキが効きませんけど乗りますか?」そういわれてまでブレーキの効かないクルマに乗る人は恐らくいないでしょう。ブレーキの効かないクルマなんて人殺しの凶器そのもの。前の文章を読んでもクルマの事を自動車と判断する人がほとんどだと思います。でも考えてみて下さい、自転車もクルマのひとつです。競技用自転車で公道を走っているあなた、ブレーキの効かない凶器に乗っていて「安全だ」と言い切れますか? (専門学校3年)

「発電の世代交代−−そのために今、できることは――」
現代の社会において電力は不可欠な存在となっている。震災時の事故により脱原発の声が高まる中、これからの発電はどうなっていくのだろうか。現在、主力である原子・火力発電は資源枯渇という大きな問題を抱えている。その2つに代わる方法が確立するまでには多くの時間が必要だ。私は今の自分達にできることはやはり節電なのだと思う。限りある資源と向き合ったとき、節電の意義は一時の電力不足の為だけには留まらない筈だ。 (高校3年)

「日本のスポーツビジネス」
今年の7月に行われた女子ワールドカップドイツ大会で我が日本代表、通称なでしこジャパンが世界一に輝いた。過去には野球の世界的大会WBCで、日本代表が優勝するなど日本も世界でトップクラスの球技大国と言っても良いと思う。しかし、女子サッカーの各クラブチームが経営難においこまれるなど、成績とクラブのチーム状況が比例していないと思う。お金の問題で、スポーツがすい退するのだけはさけてほしい。 (高校3年)

「便利さの追及」
様々なアプリがあり便利なスマートフォン。しかし便利さばかり普及していいのか? 便利であることも仕事や生活をする上でとても大切なことだが、すべてそうなのるが良いことだとは思えない。不便だからこそ、工夫をするし、機械では出来ない仕事というものもあると思う。便利さばかりを追及していると、人にしか出来ないことや考える力が無くなってしまうのではないか、と思ってしまう。 (高校2年)

「脱ゆとり教育」
小学校5年生から英語教育をすれば英語ができるようになるわけではないと思う。そもそも、英語の勉強方法が変わらないかぎり、学ぶ時期を早めても何も変化がないのではないだろうか。ただ黙々と先生の話しを聞いて書く。そして、少し先生と一緒に発音練習をする。これだけでは英語は身につきにくいと思う。はやり、英語は会話するための言葉なので、たくさん会話や英語を使いコミュニケーションをとる授業の方がいいと思う。 (高校3年)

「食中毒がもたらした『もの』」
実家が焼肉店(非チェーン店)を営んでおり、このニュースは様々な影響をもたらしました。まず、最も大きな影響として現れたのが客足の遠のきでした。東日本大震災発生でお客さんが減っていたのに、この事件でさらに実家は不況となりました。もう1つは、肉の加熱やまな板の除菌などを父や母は熱心に取り組むようになりました。良くも悪くも影響をおよぼされた私たちとしては、以後こんな事件がないよう願うばかりです。 (高校2年)

「建築が出来る、これからのエネルギー開発」
私は大学で建築を勉強している。先の震災で露呈した、原発の不完全さを建築の立場から俯瞰すると、原発の安全性に意義を唱えるよりも、東電の管理の脆弱さに苦言を呈したい。地震がトリガーとなって起きた爆発が施設を吹き飛ばす映像を見て衝撃を受けた。再生可能エネルギーを考える契機となったが、急に原子力を捨てるのは早計である。先ず施設の建築的要素を調べて欲しい。そこから獲得し、将来形になるものがあるはずだから (大学1年)

「ニューヨークから日本へ」
ニューヨークのウォール街より始まった今回の反格差デモ。高所得者はより裕福に。低所得者はより貧しくなるこの社会のシステムを、根っこからぶち壊すための運動だ。残念ながら、どれだけの効果が得られるかは未知数である。しかし、泥臭く足掻くデモ隊の姿に、我々日本人が学ぶものも多くある。報道から度々垣間見える、彼らが内に秘めた炎。今の日本に足りないものではないだろうか。 (大学3年)

「交通ルールを見直そう」
自転車は車の種類に含まれる。しかし、そんな中、交通ルールは全くと言って良い程守られていない。最近ではブレーキを付けずに走行する自転車が多くいる。そのため自転車による事故が増加していることに対し、私は自分から命を捨てたいのかと感じる。自転車にブレーキをつけないで走行すれば、止まりたい時に止まれない。自転車も乗り方を間違えれば凶器にも変わる。自転車を凶器に変えない為にも交通ルールを見直すのが正しい。 (高校3年)

「脱ゆとり教育」
「ゆとり教育」という言葉は、あまり響きの良いものに聞こえません。ゆとりのある教育で、子どもがどこまで成長できるのか。もう少し厳しいくらいで丁度いいのではないでしょうか? 国際化が進む中、英語は覚えていて損をしないどころか、将来的にも役立つものに感じます。小学5年生の英語必修化は、私からしたらうらやましくもあります。私もその年ごろから英語に接していたら、今よりももっと未来が、ひらけたかもしれませんね。 (高校3年)

「東日本大震災から学ぶメディア・リテラシーの必要性」
我々はもはやマス・メディアに踊らされる人形である。東日本大震災の際、我々は情報の洪水に惑わされ、近所ではガソリンやトイレットペーパーなどが売り切れた。又、水源を知らないために水道水の放射能汚染を気にかけ、わざわざ水を汲みに行く人の姿は実に滑稽であった。この事態は、現代人の知識不足と自己判断能力の欠如を示していると言えるだろう。高度情報社会におけるメディア・リテラシーの必要性を改めて実感した。 (高校3年)

「ゆとり世代の主張」
ゆとり教育が導入された当時、私は小学生だった。いわゆる私はゆとり世代だ。隔週であった土曜の登校はなくなり、毎週土日は休みになった。当時の私は休みが増えてラッキーくらいにしか思っていなかった。中学生になった頃、いつの間にかゆとり世代はメディアでおもしろおかしく取り上げられていた。そしていつしかこんな声が聞こえてきた。「これだからゆとりは。」私たちゆとり世代は、実験に使われるモルモットの様な物だったのか。 (高校3年)

「東日本大震災発生」
3月11日。その日は忘れられない日になった。何万人もの人が命を落とした。私は、初めて、「津波」による被害を目の当たりにし、自然の恐ろしさを知った。家を失い、家族を失い、友人を失い、さらに思い出まで流され全て失ってしまった人もいただろう。そんな中、皆で協力し合い、一歩一歩前に進んでいる姿が今でも頭から消えることはない。人は一人では生きてゆけない、みんなで協力し、前進していくことの大切さを改めて知った。 (高校3年)

「東日本大震災発生」
3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災により、巨大な津波が起こり、多数の人命が奪われた。被害の大きかった岩手、宮城、福島の為に、全国、世界中の人々が「助けたい」という1つの思いで、ボランティアに参加したり、支援をした。この時改めて人間の素晴らしさを実感し、私自身も被災地の復興の為に協力したいと思い、ボランティアに参加した。このように世界中がお互いに支援しあうことがこれからも大切だと思う。 (高校3年)

「節電はエンドレスで」
原発事故の影響で今年の夏は、テレビを見ても新聞を見ても節電の事ばかり書かれていた。ただ内容を見ると「節電の工夫の仕方」等ポジティブで見ていて楽しく勉強になるものであった。「電力不足だから」というよりも「みんなでがんばる節電月間」のような感じがした。町で電気が消灯しているのを見ると、節電が終わってもこのままでいいと思うものも沢山ある。これを機会に電気のムダ使いを見直した方がいいと思う。 (高校3年)

「野田首相、TPP反対を押しきり見切り発車」
最近各方面で話題に挙がっているTPPだが、私は反対意見を押し切ってまで参加するべきではないと思う。国民の半数近くが反対の声をあげている現状での参加はあまりにも危険だからである。野田首相はどっちつかずの曖昧な答弁で主張参加国はおろか日本国民にさえなぜ参加したいのか、参加した後どうしたいのか全く伝わっていないのである。国民の意見がまとまった後決断するべきである。今の政治は独断政治と何も変わらない。 (高校2年)

「自転車に対する意識について」
自転車事故は、私たち高校生にとって最も身近な車両事故だ。ピストバイクの報道が続いているが、自分には関係がないと思っている人は多いのではないかと思う。実際、自転車は車道を走るのが原則だが、身の周りでそれを守れている人は少ない。さらに、人の歩いている歩道で加速しようとする。それは、ブレーキの有無に関わらずとても危険なことだ。改めて、自転車は車両の一部だと意識して、この報道を他人事だと思わないで欲しい。 (高校2年)

「脱ゆとり教育」
私は「ゆとり教育」の真っただ中で生きてきた。土曜日が休みとなり教科書のページ数も削減された。しかし今また「脱ゆとり教育」によって、様々な改変が行われた。これは私たちにとって非常に衝撃的なことだった。将来社会に出て「ゆとり」という甘えた環境にいた私達が知識を豊富に備えた人々と戦わなければならないのだ。今私達がすべき事はそんな人々に打ち勝つ為に甘えを捨て様々な事を学び私達自身も「脱ゆとり」を図ることだ。 (高校2年)

「正しい認識と温かい行動を」
今年の3月、東日本大震災が原因となり福島第一原発で原発事故が起こった。そのため原発周辺に住む人々の多くが遠く離れた土地へ一時的に避難したようだ。しかしその避難先で、原発のことで差別を受けた人もいたという。ある幼い兄弟は「放射能が移るぞ!」と仲間外れにされたという。そういった間違った知識で困っている人をさらに傷つけるのは悲しいことだ。私は正しい認識をもち困っている人に対して温かい行動をとりたい。 (高校2年)

「そして。私達は今、」
3月11日、私達の高校は初めての卒業式だった。「旅立ちの日に」をうたっている最中、かすかな揺れは急に大きくなり、私は本気で命の危険を感じた。卒業式を終えて駅に着いた私達は、携帯が繋がらない中電車の運行再開を待った。帰宅後TVをつければ、どの局もニュースだらけ。増える死傷者数、続く余震。その日の夜は眠れなかった。未だに傷跡が残る被災地。半年以上の月日がたった今日でも、国、私達の課題は無くなっていない。 (高校3年)

「真実を見極めるには、」
3月11日の震災で未だに大きな問題として続いているのが、この原発問題である。津波でこのような事態を招いてしまった防災能力にも問題があると思うが、事故発生後の東電の対応には憤りを感じた。何が真実かわからないのである。情報が無ければ対策もできず、私たちは何かしらの影響を受けてしまう。今大事なことは、目先の情報に躍らされず物事の本質を見ようとする姿勢だと思う。 (専門学校3年)

「薬と毒と皿」
原発事故と聞き、「薬も過ぎれば毒となる」という言葉を思い出した。どんなにためになるよいものでも、度を越せば害になるという例えだが、それは原発事故だけでなく今日の環境問題にも通じる。利便性を追及した現代社会は今までにない快適さを生んだが、その裏には多くの犠牲があった。これでは、不便でも活気のあった昔の方がいいという人も多いだろう。未来のために、今を生きる私達は「毒を食らわば皿まで」頑張らねばならない。 (高校2年)

「食の安全と衛生管理」
今年、集団食中毒で4名の死亡者が出た。原因となったのは生肉でO111とO157が原因とされる。お客に対して食物という商品を提供しているのに食中毒を引き起こし、死者を出してしまったとなれば、店側の衛生管理がずさんだったとしかいいようがない、しかし加熱調理されていない生肉をなんの疑いもなく食べる客も意識が薄いと言わざるを得ない。今後私たち人間は食の安全のため食物とどう向き合うかが大事だと私は思う。 (高校3年)


トップへ

●2011年度 応募要項
≪応募受付は終了いたしました≫


■応募期間
2011年11月15日 〜 12月10日

■対 象

高校生、大学生、専修学校生

■発 表
年内

■ 賞

「200字コラムコンクール」応募者の中から大賞、優秀賞、佳作を選定し、賞状と副賞(関連出版物「現代用語の基礎知識 学習版2012」他文具券)などを贈ります。

■G・J大賞選考委員(順不同)
井手重昭 (元NHK解説委員/NPO現代用語検定協会代表理事)
片岡 輝 (前東京家政大学学長/NPO現代用語検定協会理事)
大野幹憲 (弁護士/NPO現代用語検定協会理事)
(株)ケーエスコーポレイション
清水 均 (自由国民社編集局編集長)
「現代用語の基礎知識 学習版」編集室
NPO次世代教育推進機構
NPOベターライフ・スタイル

■発 表
集計結果および「200字コラムコンクール」入賞作品は、当ホームページに掲載、現代用語検定協会の関連出版物でも掲載されます。

■応募方法

応募シートに記入後、下記の住所に郵送するか、FAX、メールで応募となります。

NPO現代用語検定協会
〒206-0823 東京都稲城市平尾1-54-6
TEL.042-331-2172 / FAX.042-350-6217

トップへ

●事務局   特定非営利活動法人 現代用語検定協会
         〒206-0823 東京都稲城市平尾1-54-6
         TEL. 042-331-2172  FAX. 042-350-6217
         メール info@genken.com

サイトマップへ 「現検」(現代用語能力検定)、作文・小論文検定、自己表現力コンクール、J・J大賞の「現代用語検定協会」トップページへ 歴史に学び 未来を望んで 現代を知る